目次

  1. 歴史ある延縄(はえなわ)漁:そのメリット・デメリット
  2. ハードな遠洋マグロ延縄(はえなわ)漁業の実態

1. 歴史ある延縄(はえなわ)漁:そのメリット・デメリット

日本の歴史ある漁法

延縄(はえなわ)漁のイメージ延縄(はえなわ)漁は、延縄漁具を利用してマグロなどの魚を獲る漁法です。
中でも、マグロ延縄漁は、伝統があり、江戸時代18世紀半ばに房総半島の布良村(現在の千葉県館山市)で始まりました。
現在では、このマグロ延縄漁は日本から、アジア・世界各国へ。世界的なマグロ刺身市場の需要拡大とともに、その漁法の利用は地球規模に広がりを見せています。

驚くほど長い幹縄(みきなわ)

そもそも「延縄(はえなわ)」とは何でしょうか?具体的に「延縄」は、「幹縄(みきなわ)」と呼ばれる長いロープに、「枝縄(えだなわ)」とよばれる短いロープを一定間隔に複数つなげ、それぞれの枝縄の先に餌と釣り針を設置する仕組みをいいます。尚、「幹縄」と「枝縄」の間には、「受縄(うけなわ)」と呼ばれるロープがつなぎの役割を果たします。
幹縄の長さは数100mから長いものだと150kmを超え、枝縄と枝縄の間(つまり、釣り針をつけた餌と餌の間)の距離は約50mになります。
延縄の仕掛けを設置することを「投縄(とうなわ)」といい、回収することを「揚縄(あげなわ)」と呼びます。

延縄のメリット&デメリット

網を使用した巻網漁が、狙った魚以外も引き上げてしまうリスクが高いのに対して、延縄漁は狙った魚をピンポイントに釣ります。巻網漁が「面」で魚をとるのに対し、延縄漁は「ピンポイント」でとる。つまり、獲る魚の量をコントロールしやすいことから、漁業資源に対して優しい漁法、といわれています。しかしながら、一方で、海に浮かんだ死んだイカなどを食べるアホウドリのような大型の鳥が、誤って延縄の釣り針を拾い食いしてしまったり、ウミガメが水中に仕掛けた釣り針を間違って口にしてしまうこともあります。そこで最近では、対象としない生物の漁獲(混獲)を避けるための技術・工夫や漁具も発達してきています。

2. ハードな遠洋マグロ延縄(はえなわ)漁業の実態

マグロ延縄漁の分類

マグロの水揚げマグロ延縄漁は、船舶の大きさにより遠洋(120トン以上)、近海(10トン以上〜120トン未満)、小型(10トン未満)の3つに分類されます。
その中でも、日本のマグロ延縄漁獲量の約7割を占めるのが、大型船による遠洋マグロ延縄漁業です。

航海は1年以上要する遠洋マグロ延縄漁

この遠洋マグロ延縄漁は、大型船による漁ですので、漁に使う幹縄も長さが何と100キロ〜200キロを超え、枝縄(釣り針)の数も約3,000本以上と膨大になります。また、船が海にいったん出てから陸に戻るまでが長く、その期間が1年以上の航海(平均380日)、漁の操業日数も年平均250日にもなります。日本を出発してから、漁場に着くまでの間は漁具の手入れをしながら過ごし、操業中は、船の燃油補給・乗組員の休養のために約3ヶ月に一度は外国の港に寄港するのが一般的です。乗組員の数は20〜25人。最近は人手不足のため外国人も多く雇用されています。

ハードな投縄・揚縄作業と冷凍技術

遠洋マグロ延縄漁業は、1日1回ずつ投縄(釣り針に餌をつけ、海に投げ入れる)と揚縄(回収する)の作業を行い、このセットで1回の操業となります。作業は長時間に渡り、肉体的にも精神的にも大変ハードな内容となります。

まず、夜明け前4時頃に投縄に入ります。投縄作業は全長100〜150kmもの長さの幹縄に目印となるブイや縄を浮かすためのフロートを付けます。また、約3,000本の枝縄と釣り針に、早業で イワシ・ムロアジ・イカ等の餌を付けていきます。この投縄作業に約4〜5時間を要します。投縄作業は当番制で、だいたい、2〜3日に1回の割合で順番が回ってきます。
一方、揚縄の作業は、基本的に全員が協力して行ないます。揚縄は、マグロが餌にかかるまで3~4時間を縄待ちした後,ウインチを使ってマグロを縄ごと回収する作業です。揚縄作業は10~15時間かかり,ときには、深夜まで続くこともある重労働です。釣上げられたマグロは、船上で体長を測り、エラと尾を切り離し、はらわたを抜いた後、マイナス60度で急冷します。そして、船の冷凍庫(マイナス55度)で長期保存され、その後、焼津・清水・三崎などで水揚げされ、流通を経た後に消費者の元へ届けられるのです。

長い航海、そして大変な重労働によって漁獲されるマグロは、冷凍技術の発達により、新鮮で美味しい状態で、私たちの食卓でまで届けられるようになったのです。

関連記事:知って納得!マグロの種類と味の違い
関連記事:世界のマグロ漁獲量ランキング

テキスト:FUJI-KIZAI(不二機材株式会社)

FUJI-KIZAI(不二機材)は、1960年の創業以来、延縄の設置に必要なアルミスリーブ、圧着工具、スリーブかしめ機、テグス、釣り糸などの漁具をはじめ、各種漁業資材を製造・販売しております。