日本人だけでなく、世界中の寿司(SUSHI)、刺身(SASHIMI)好きから愛される鮪(マグロ)。しかしながら、寿司発祥の国・日本でも、数多くあるマグロの種類や、味の違いを正しく理解している人はそう多くないかもしれません。このコラムでは、高級マグロと言われるクロマグロから、庶民的な回転寿司や加工食品に使われるマグロまで、幅広いマグロの種類や特徴をご紹介しながら、マグロの魅力をお伝えします。

目次

  1. マグロの王様・クロマグロ(本マグロ)
  2. 二番手の高級マグロ・ミナミマグロ(インドマグロ)
  3. 関東では身近・メバチマグロ
  4. 関西で人気・キハダマグロ
  5. 缶詰〜ビントロまで・ビンチョウマグロ(ビンナガマグロ)

1. マグロの王様・クロマグロ(本マグロ):Bluefin Tuna

高級魚といえばクロマグロ

日本でマグロといえば、何と言っても「クロマグロ(本マグロ)」です。お寿司屋さんで出される高級マグロの代表。一般のスーパーの魚売場ではあまり扱っていません。「大間の本マグロ」などブランドものも多く、毎年恒例の築地の初競りでは、某すしチェーンの代表が2013年に1億5540万円で落札したことも話題になりました。(ちなみに、2014年の初競りは香港の会社が高値競争から撤退したことで、736万円で落札)通常はそこまでの高値にはなりませんが、天然のクロマグロは、1尾100万円以上するので、単純計算して、刺身一切れは2,000円以上になります。

海の黒ダイヤはトロが格別

クロマグロはとにかく大きい。全長3m・体重400kg以上になるものもいます。その見た目は、黒光りした魚体が黒ダイヤのように美しく、高速(なんと、最大100k/h以上のスピード!)で泳ぐため胸びれが短いのが特徴です。肝心の肉質はマグロの中で最も深みがあり、脂質が多く、そのクオリティの高さに多くの日本人が惹き付けられるマグロの王様。同じ1尾の腹身でも、部位や脂の乗り方で、大トロ・中トロ・トロと名前がつけられ、異なる味を楽しめるのもクロマグロの魅力です。

輸入ものは大西洋・地中海から

クロマグロは北半球をグルグルと回遊しており、旬は何と言っても冬。逆に春〜夏は産卵でやせて味が落ちます。日本近海で獲れるものは生で流通され高級品として取引されます。大西洋(アメリカ・カナダの東海岸から輸入)・地中海(スペイン・モロッコ・イタリアなどから輸入)のクロマグロは主に冷凍物。あまり知られていませんが、冷凍技術が発達したことで、流通管理の難しい生まぐろより、冷凍まぐろの方が味の評価が高いこともあります。

流通の多い養殖(畜養)もの

最近では、「養殖(畜養)のクロマグロ」をスーパーなどでよく目にします。天然マグロとは区別され、価格もお求めやすいです。広い海を大回遊していないので運動量は少なく、当然味も落ちます。お店などで出された際も、安い価格のクロマグロは養殖(畜養)ものである可能性が高いといっていいでしょう。

2. 二番手の高級マグロ・ミナミマグロ(インドマグロ):Southern Bluefin Tuna

甘みに優れ寿司ネタとしても人気

外見はクロマグロと似てますが、少し小さく、大きさは2.2m・体重160kg程度。尾の近くにある小さいヒレが黄色いのが特徴です。肉質は鉄分が豊富で濃い赤色のため、赤身とトロの境目が分かりやすい。トロは肉厚で甘みが強く、ねっとりと脂質がよいのでお寿司屋さんで好まれて使われ、クロマグロと人気を分ける高級マグロです。流通量が少ないのでスーパーではあまり見かけません。発色が鮮やな分、色変わりが早いのが難点といわれています。

漁獲量の低下の危機と資源管理

ミナミマグロは、オーストラリア・ニュージーランド・南アフリカなど南半球の低水温の海域で獲れます。悲しいことに、近年は、乱獲による漁獲量の激減で流通量が減っています。国際機関「みなみまぐろ保存委員会(CCSBT)」は、2010年より漁獲割当量を各国に遵守させるための証明制度を導入しました。尚、ミナミマグロは、養殖(畜養)事業も盛んで、オーストラリアのポートリンカーンは水揚げ量世界一として有名です。

3. 関東では身近・メバチマグロ:Bigeye Tuna

刺身の消費量No.1

日本では関東を中心に流通量が多く、スーパーや回転寿司・宅配寿司で見かけるマグロの刺身の多くは、このメバチマグロです。肉質は、クロマグロ・ミナミマグロに比べると脂質が少ないため、寿司のネタ・刺身としては、三番手。さっぱりした味わいですが、赤身だけでなく中トロも美味しくいただけることから、カルパッチョ・漬け・カマ焼き・目玉煮など、色々な食べ方を楽しめます。日本近海ものは、秋の三陸沖のメバチマグロが刺身として高く評価されています。外国産も多く、チリ・ペルー・北米からの冷凍ものや、インドネシア・オーストラリアから空輸される生が有名です。

目が大きく、世界各地で獲れる

外見はその名の通り、パッチリと目が大きく、頭部がずんぐりしているのが特徴。深い海を泳ぐことから目が大きくなったといわれています。胸びれは長く、大きさは体長2m・体重150kg前後、ミナミマグロと同じくらいの中型種です。世界の温帯・熱帯など温暖海域に広く分布するため、漁獲地によって旬の時期も様々。他のマグロに比べると資源量も豊富ですが、2014年9月、国際機関「中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)」は中西部太平洋のメバチマグロが乱獲状態であると判断。今後規制が強化されることが予想されています。

4. 関西で人気・キハダマグロ:Yellowfin Tuna

ハワイではアヒと呼ばれる

日本では大阪を中心に関西で好まれるマグロです。肉質はピンクに近い薄い赤色で、あっさりとクセのない味わい。脂質は少ないので、トロは取れませんが、身が締まっているため、刺身やステーキに合います。ハワイではアヒと呼ばれて人気です。旬は春〜夏で、日本近海で獲れるキハダマグロは刺身としても評価が高い。また、ツナ缶詰の原料としても多く漁獲されています。

世界でも日本でもマグロ漁獲量1位

大きさは体長2m, 体重170kg。ミナミマグロ・メバチマグロと同じ程度の大きさの中型種です。魚体は比較的スマートで、その名のとおり黄色味がかっているのが特徴です。黄色い背びれと尾びれが、成魚になると長く伸びます。メバチマグロのように赤道をはさんで太平洋・大西洋・インド洋の南北の温暖海域に広く分布。メバチマグロよりも高水温・浅い地域に生息します。資源量が多く、世界および日本のマグロ漁獲量1位はこのキハダマグロです。沿岸海域ではスポーツフィッシングの対象としても愛されています。

5. 缶詰〜ビントロまで・ビンチョウマグロ(ビンナガマグロ):Albacore Tuna

缶詰として世界で愛される

ビンチョウマグロ(ビンナガマグロ)は、加工品としての消費が多く、ツナ缶詰の材料として食されてきた大衆的なマグロです。淡白で白色に近いピンク色の肉質は、マグロというより鶏肉に近い食感。欧米でも愛され、世界的需要があります。全長140cm・体重60kg以下と小型で、胸びれが著しく長いのが特徴。全世界の温帯・熱帯海域に広く生息しています。

回転寿司の「ビントロ」

最近では、回転寿司で「ビントロ」と称して生食されるようになりました。ピンク色の見た目と、脂の多い時期の食感がトロに近いことから美味しいと評判です。クロマグロ・ミナミマグロといった「本物」のトロのように、サシが入り身がピンク色になってる訳ではないことは、知っておいて損はないでしょう。

関連記事:想像を超える!マグロの漁獲方法と延縄
関連記事:美味しい生鮮マグロに潜む、食中毒の恐怖
関連記事:32年の歳月をかけて実現した、近大マグロ養殖の秘密を公開

テキスト: FUJI-KIZA(不二機材)

FUJI-KIZAI(不二機材)は、1960年の創業以来、マグロの漁獲に必要な延縄漁具や各種漁業資材を製造・販売しています。アルミスリーブ、圧着工具、スリーブかしめ機、テグス、釣り糸などを国内・海外向けに提供しております。